転職という勇気

転職に失敗したらと考える人は多いと思います。
待遇が悪くなったり給料が大きく下がったり、確かにそのような失敗はあります。
しかし、失敗ばかりを考えていると現状の待遇を打破することはできません。
転職者経験者は、転職後自分の給料が前職より下がったという経験をしているそうです。
これは引き抜きではなくその会社の新人として入る場合に多いと言われています。
ましてや、役職のついていた方ほど転職先での給料の減額を感じていると言われています。

 

転職することで給料面で多少待遇が悪くなりますが、その他の面で待遇が向上していれば、転職は成功でしょう。

 

ですが、転職をして給料が下がっては意味がないという人には転職はオススメしません。
最初は前職より給料が下がることなど当たり前です。
その後の頑張り次第で昇給を望まなければなりません。
転職ということは、他のチームに移籍してポジション争いをすることと同じです。
その中でチームワークを高めて自分自身をも高めてステップアップすることです。
これには勇気が必要ですが、自分自身がもっと輝ける場所を手に入れるためには一歩踏み出すべき行動かもしれません。