最後は勢いが重要

転職は自分自身のスキルアップや待遇改善のためには有効な手段ですが、判断や時期を誤ると待遇がさらに悪化してしまったり、最悪の場合無職になってしまうリスクがあります。

 

一般的に転職が多い時期は、2月ごろから始まる新生活シーズンやボーナスが出る6〜7月と11月〜12月です。
この時期が転職をするシーズンとしては最適と言われています。

 

全てのものに旬があると言われるように、転職にも旬があります。
この時期は転職者が多いことは採用担当者も熟知しているのでシーズンオフよりは門戸が広くあけられています。

 

ですが、先ほどの時期は転職希望者が多く出る時期なので、倍率が高くなって不利なのではと思われる方が多いと思います。
しかしこれは間違いです。
旬の時期ほど食べ物が美味しいように、転職も旬の時期に行う方が結果的に美味しい待遇やスキルアップを図ることができます。

 

思いつきで転職するよりは、転職先の企業情報と同じように転職時期を注意するようにしましょう。